スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ソニックブーム&ヴェイパーコーン 

【Sonic Boom】 &  【vapor corn】

まるで「どこでもドア」を使って異次元空間から飛び出してきたような瞬間。今、ソニックなブームなんだとか・・・。

SonicBoom.jpg

ソニックブーム とは、飛行機が音速を超えて飛行する際に生じる機首および翼後縁付近で発生した衝撃波のエネルギーのことをいう。

ヴェイパーコーン

一方、混同され易いのがヴェイパーコーン(vapor corn)。
音速の壁に近づくと、機体の周囲にスカートのような円錐形の水蒸気が浮かび上がる。航空機が音速に近い速度で水上を低空飛行すると、このようなリングが発生することがある。

音波から生じた圧力によって空気中の水分が凝結し、ヴェイパーコーン(水蒸気の円錐)と呼ばれる人工的な雲が発生する。

よってソニックブームは、超音速で生じる衝撃波のこと。ヴェイパーコーンは、水上や比較的水蒸気の多い空域で音速以下であっても発生する雲のことのようです。

では、迫力映像どうぞ♪
(衝撃音とヴェイパーコーン)








~P.S~

これは、打ち上げられたロケットによるソニック・ブーム(衝撃波)。音速を超えた頃1:50秒過ぎから、池の中に一石を投じたかのように美しい波紋が広がり地上にまで到達してきます。


ちょうど薄っすらと雲が懸かり、まんべんなく空気中に水蒸気が広がった条件が重なったのでしょうか。まさに空気の波動というか、それが目に見えるのが驚愕です。


これでも食べながら、ご覧下さい。(^^;

ポップコーン



補足すると、戦闘機やロケットのみならず、大気圏突入した人工衛星や隕石も衝撃波を発生するようです。


も一つおまけに・・・

尿路結石等に利用される、ESWL「体外衝撃波破砕術」。

eswl.jpg


これは衝撃波を一点に集中させ、結石を砂状に砕く方法ですね。当初ドイツが軍事目的で潜水艦内部の乗り組み員だけを殺傷する為に開発した技術ですが、非人道的ゆえ応用を効かせ見事平和利用されました。

ちなみにRokujizouは4回経験しております。今でこそ保険適用されますが、初期の西ドイツ製のESWLの頃は浴槽に浸かる方法で、また保険も利かず新車が半分買える金額でした。バブル期だったから、退院してなんとか払えましたが・・・w

パン!パン!パン!と衝撃音と同時に何度も衝撃波を浴びるのは決して気持ちの良いものではありませんが、それ以前に開腹手術も一度受けているだけに平和利用された悦びと恩恵を受けた一人でもあります。


さて最後に・・・宇宙からの飛来、隕石による自然界の衝撃波は莫大なエネルギーを発生することを知らしめられたが、将来いつの日か未然に防ぎ粉砕出来る時が。

それはミサイルなのかレーザーなのか、あるいは・・・衝撃波なのかも知れませんね。

ツイッターは拡散させても、衝撃波は・・・・・。



[ 2007/05 ] チョット気になる話 | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。