スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ええにょぼ 「伊根の舟屋」 

京都府の北部、日本三景の一つ「天橋立」からさらに北に行った丹後半島の一端に伊根というリアス式の海岸に面した町がある。湾内は波静かで、周囲には伊根独特の舟屋が連なっている。その静かな佇まいは他の港町にはない一種独特の情緒と風情を漂わせている。

20070212211555.jpg

10数年前だっただろうか、NHKの朝ドラでここを舞台にした「ええにょぼ」が半年間放映され、主人公の「戸田 菜穂」が好きで見ていたのを思いだす。「ええにょぼ」とは、丹後地方の方言で「美人」とか「いい女」を意味するそうだ。

機会があれば訪れたいと思っていたので、橋立からさらに足を延ばしてみた。少し湾を廻りこんだところに素晴らしい景観があったので撮ってみた。

こちらは 「明治時代の舟屋の景観」 
 
funaya3.jpg
写真:伊根町観光協会HPより


~P.S~

短くも情趣あふれる動画がありました。


遊覧船と微かな波の音だけがBGMとなり、ひっそりと穏やかな独特の風情が漂う。

訪れたあの時と全く変わらない雰囲気が伝わってくるような気がします。



懐かしい風景やな~
ここはS字カーブのとこらへんちゃいますのん?
ええにょぼ、僕も昼休みにみてたな~。
坂東英二もでてましたな~。

[ 2007/02/15 00:16 ] [ 編集 ]

>ここはS字カーブのとこらへんちゃいますのん?

その、ひどい大阪弁なんとかナランノカイナ!?
チョットは、上品にすすめてるRokujizouさんの神秘的なブログの雰囲気も考えてくれてもいいんちゃいますのん?^^

で、場所の話でした?うん、民家の連なりが終わって、ちょっと曲がったとこ!

最終回近く、坂東英二さんが、母親より先立つシーンは涙したのを覚えています。味のある役を演じてましたネ。
あまりにものハマリ役で、彼が主役を喰ってしまった印象が強いです。
[ 2007/02/15 00:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。