スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

「遠野物語」津波で死んだ妻の霊 

柳田國男「遠野物語」第99話に、津波で失った妻の霊に渚で出遭う話がある。

nagisa-sanriku.jpg

大津波で妻も子も家も失い、元あった屋敷に小屋を掛けていた。一年が経ち、夏の初めの月夜のこと。

霧が立ち込めるなか、海辺に向うと二人の男女がいた。近寄ると、女はまさしく亡くなった妻だった。

名を呼ぶと、振り返りにこと笑った。聞くと、今は夫婦でいると言う。その男は同じく大津波で死んだ者で、昔互いに深く心を通わせた仲だった。

「子供は可愛くないのか」と言うと、顔色を変え急に泣き出した。そして、二人は足早に立ち去り見えなくなってしまった。

茫然と一人そこに立ちすくみ、気がついたら夜が明けていた。

その後、長らく煩ったと云う。




古今東西いつの世も、男は夢を求め過去を引きずる。一方、女はあの世でも現実的かつ打算的で、即座に転身を計れる生き物のようでございます。

どちらがと正邪の判断はつきかねるが、概ね男は弱く女は強い(精神的に)。

男の立場からすると、津波のみならずあの世でも他の男にさらわれ、切なく胸の詰まるような話だが、女から見れば「あらよかったわね、幸せそう♪」みたいな・・・。

昔は遠野の地に限らず、婚姻は親同士が決め、子はそれに抗うことは出来なかった。士農工商それぞれの身分同士をはじめ、政略及び商売上の打算が中心だった。さらに、狭い村となると血が濃くなるのを防がなければならない。

時代背景と幻想が生んだ、ひとつの悲恋物語だったのかも知れません。


(原文) 土淵村の助役北川清と云ふ人の家は字火石に在り。代々の山臥(やまぶし)にて祖父は正福院と云ひ、学者にて著作多く、村のために尽くしたる人なり。清の弟に福二と云ふ人は海岸の田ノ浜へ婿に行きたるが、先年の大海嘯(おほつなみ)遭ひて妻と子を失ひ、生き残りたる二人の子と共に元の屋敷の地に小屋を掛けて一年ばかりありき。 夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたる所に在りて行く道も浪の打つ渚なり。霧の布(し)きたる夜なりしが、その霧の中より男女二人の者の近よるを見れば、女は正しく亡くなりし我妻なり。思はず其跡をつけて、遥遥と船越村のほうへ行く崎の?ある所まで追ひ行き、名を呼びたるに、振り返りてにこと笑ひたり。男はと見れば此も同じ里の者にて大海嘯(おほつなみ)の難に死せる者なり。自分が婿に入りし以前に互いに深く心を通はせたりと聞きし男なり。今は此人と夫婦になりてありと云ふに、子供は可愛くは無いのかと云へば、女は少しく顔の色を変へて泣きたり。死したる人と物言ふとは思はれずして、悲しく情なくなりたれば足元を見て在りし間に、男女は再び足早にそこを立ち退きて、小浦へ行く道の山陰を廻り見えずなりたり。追ひかけて見たりしがふと死したる者なりしと心付き、夜明けまで道中に立ちて考へ、朝になりて帰りたり。其後久しく煩ひたりと云へり。


これは実話であり、福二のお孫さん(80歳の女性)も東北大震災の津波の犠牲となり、今も行方不明だそうです。


[ 2011/09 ] 不思議な話 | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。