スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

夢飛行「機長からのアナウンス」 


もし、機長によるアナウンスの一言が
心に残るものであったとしたら



それはきっと
思い出の空の旅に・・・



そんな、ほのぼのと夢あるものから
笑いを誘うエピソードまで。

◆機長からのアナウンス@名言を語れ◆ 
2chより抜粋してみました。


2 :774便@天候調査中:2007/02/12(月) 21:51:50 ID:zVD530Uw0
羽田-那覇便のJAL機長より。

「皆様、お忘れ物の無きように。忘れていいのは思い出だけでございます」

5 :774便@天候調査中:2007/02/13(火) 17:42:32 ID:KfgvvoCY0
「時々天使のいたずらか、乱気流に巻き込まれることがございます」ANAの某機長。
CAに「おもしろい機長ですね」と言ったら、みんな扱いに困っているんですと言う返事が。

10 :774便@天候調査中:2007/02/16(金) 22:34:38 ID:8MHDJGax0
先月のスカイマーク
「あいにく福岡地方は雷雲が発生しておりますが、我々もバカではありません。雷から避けるルートで福岡に着陸いたしますので約5分程度遅れての着陸となりますがご了承ください」

結局、降下中に落雷w

12 :774便@天候調査中:2007/02/18(日) 01:06:09 ID:XcP77M9b0
秋田行きNH。青と赤だけでなく新幹線も客の奪い合いをしている微妙な路線
「本日はアルファベットの10番目ではなく1番目のAで始まる全日空をお選びいただきましてありがとうございます」
瞬間爆笑したが(恥ずかし)、周りの客は気づいていないみたいだった。

18 :774便@天候調査中:2007/02/18(日) 22:55:36 ID:YSRIsK/x0
先日のNH347 NGO->KMI。例のCAさんが扱いに困っている(笑)機長さんのフライト。日没直後に離陸したらまた西の空に太陽が見えたそのとき

「一度沈んだ夕日がまた顔を覗かせました。このような経験はこの時刻に飛び立つか 、天才バカボンしか経験できません」

機内あちこち失笑。

31 :774便@天候調査中:2007/03/12(月) 23:59:25 ID:9gTOJhGi0
何年か前、フィンエアーに12月24日に乗ったときには、機長が
「本日のルート上の天候は良好、なお途中でサンタクロースを追い抜きますが、少々暗くて見づらいことをお詫び致します」ってやってた。

68 :神:2007/04/18(水) 18:22:13 ID:yAiU1ByOO
「日本■空の機長でございます。本日すでに報道されておりますように、当社は会社更正法の適用を受けました。皆様がせっかくお貯め下さったマイルはすべて無効となりましたが、乗務員一同着陸まで責任をもって運航いたします。なお万一の事故の際はあいにく母体となる会社が存在しないため、補償することが一切できません。これに懲りず、またお互い生まれ変わりましたらご縁がありますことを切に願います。以上、本日も最後まで日本の翼、J■■をお選び下さいまして誠にありがとうございました。」

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 23:41:45 ID:ssYvmHMt0
ATC が VHF-1、カンパニーが VHF-2 なのだが、無線を使って交信する際、無線機の送信ボタンを押した時、今どちらの周波数で送信するように設定されているのか確認しないといけない。だが、よくこの確認を忘れてしまうのだ。カンパニーの周波数が使用中なのに、ATC だと思い ATC を呼び出すことも多々ある。当然 ATC には聞こえていないので、呼び出しても返事は無い。返事がなければ相手が聞き逃したと思い、もう一度呼び出す。パイロットが ATC をカンパニーの周波数で2回呼び出した。
しばらくして、「カンパニーです。(ATCではありませんよ。 周波数間違ってます。)」
カンパニー無線を担当していた方に ボソッ と言われしまっていた。

私もよく同じミスをする。上空で聞いていると、色々面白い送信を聞くことができる。

パイロット : 「えーと・・・ コーヒー、ブラック2つお願いします。」
管制官   : 「ちょっと持って行けないんですけど。」

パイロット : 「操縦席よりご案内申し上げます。 本日も・・・・・」(客室へのアナウンスをしている)
管制官   : 「お疲れ様です。」

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 00:04:43 ID:Izt2zpmJ0
今までで最高のアナウンス。
「あと5分で、揺れるエリアに到達します。シートベルトを...」
そして5分後、
「そろそろです、3.2.1 はい!」

って、その瞬間に本当に激しい揺れに入った。乗客みんな「おー!」って感心してた。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/18(水) 00:28:44 ID:KcFQ6H830
>>396
機長がわざと揺らしてんじゃね?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/18(月) 09:55:51 ID:8OEFHFHXO
8月1日 JAC大分→伊丹 最終便
CA:
「機長からの連絡によりますと、ただ今皆様の左手に花火がご覧いただけます」

その日はちょうどPLの花火だった。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/04(土) 01:24:18 ID:nFiepirT0
当航空会社には、優れた機内サービスを提供できる優秀なキャビンアテンダントが多く勤務しております。ただ、残念ながら当機には乗務しておりません。是非、次の機会にご期待ください。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/05(水) 20:22:30 ID:hS2no5AO0
小松→羽田のJALに乗った時だが、CAがゆっくりと落ち着いて
「この先、前線の影響により揺れが予想されます。これより先は機内サービスを中断させていただき・・・・」
とCAがアナウンスしているのをさえぎって、機長の慌しい焦ったアナウンスが流れた」それもすごい早口で。

「業務連絡!客室乗務員は直ちに着席してください!!お客様にお伝えします。目の前に予想をはるかに超える積乱雲が見えております! シートベルトを閉め、座席とテーブルを直し、トイレもお控えください。」

慌しく着席するCA、唖然とする乗客。急下降する飛行機、着席が間に合わず床にヘタリ込むCA、そして高度を直すために急上昇・・・・

「お客様の安全はお客様自身で確保して下さい!!」

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/30(日) 01:52:54 ID:0spSFQrEO
タイで足止め食った日本人を帰国させるためにバンコク近郊の軍事基地に日本人を迎えにいったJALの機長の名言。日本人乗せて離陸のときに

「皆様をお迎えにまいりました・・・」

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/12(日) 23:13:37 ID:+mIADPHG0
JALのNGO-BKK便でBKK到着時。

「大変申し訳ございませんが、係が建物から一番遠い駐機場に停めさせやがりました」

思わず笑った。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/14(火) 20:16:04 ID:VjilU0VyO
修学旅行のチャーター便で副操縦士がアナウンスしたんだが、卒業生だった。
「操縦席より乗客の・・・○○高校第○○回卒業の副操縦士○○でございます…」
てな感じで、ちょっと沈黙したあと機内大歓声。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 05:23:18 ID:HrRlb1Uj0
「当機は無事羽田空港に着陸致しました」
JAL123便が墜落した翌々日の札幌-羽田便 、万感の思いが感じられた機長アナウンスに客席から思わず大きな拍手が出たのをうっすら覚えてる。あの時は搭乗するとき本当に怖かった。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/29(水) 06:31:04 ID:VGzOC4RN0
2年ぐらい前のアメリカン航空国内線にて。

皆様こんにちは、さきほど挨拶しましたキャプテンです。普段でしたら、この様な時刻にアナウンス致しませんが、今日は窓から特別なものが見られるので皆様を起こしました。多分、私も含めて一生に一度しかない光景だと思います。

先ほど航空管制局から一定の空域を空けるようにと言われました。その理由は左側の窓から見られる、あの尾を引いている小さな火の玉 です。見えますか?あれは現在大気圏に突入してケネディ宇宙センターへ着陸降下中のスペースシャトル・エンデバーです。


588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/08(土) 15:40:32 ID:Vr5JApdM0
かれこれ3年ほど前のANA455便でのアナウンス内容です。(本当は心の中で留めておきたかったけど)

岡山上空で通常の「操縦席よりご案内申し上げます。本日もANA455便佐賀行きを…当機は順調に…お楽しみください」があった。

5分後に「再び操縦席よりご案内申し上げます」(何かあったんか) ちょっと間合いがあって

「当機に乗務しておりますCAの○○は、この度結婚の運びとなりました。彼女は、このフライトが最後の乗務となります。お近くを通りました際にはぜひ、お声をかけてやって下さい・・・」

このアナウンスで他のCAもニッコリで、到着まで機内は和やかな雰囲気に包まれました。顔を少し赤らめていた○○さんに「おめでとう」と祝福できました。 こちらにとっても思い出に残るフライトでした。幸せなご家庭を築いていることを願っています。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/13(木) 22:49:43 ID:pwiljrnhi
>>588
泣けるじゃないか!

590 :NH205 ◆52.FsIEe7o :2009/08/14(金) 02:11:26 ID:Ry4tueQTi
>>588
ステキなエピソードですね♪


最後に、管理人の取るに足らない経験です。

某企業の北陸の支店に勤務してた若かりし頃、東京本社からの帰りのジャンボ機内にて。

途中エアーポケットに遭遇、突然機体が10m近くストン!と落下。(シートベルト装着)

その頃若さゆえ、スキーの急斜面での滑りやジェットコースター他、常に何かスリルを求めてた時代だったので余裕のワクワク状態♪ むしろ、乗客のキャー!とかワァー!の悲鳴の方が恐ろしかった。(ウッセー!みたいなw)

そして後半さらに小松空港へと高度を下げはじめた頃、目と鼻の先で機体左翼に落雷の瞬間を目撃。流石にこれは初めての経験で驚愕。本当に安全なのか・・・?と思ってたその時、機長からのアナウンス。

「操縦席よりご案内申し上げます。機長の○○です。ただいま機体左翼に落雷がありました。異常はありませんので、どうか皆様ご安心下さい。当機はこれより、まもなく小松空港に到着致します。天候は晴れ。本日はご搭乗ありがとうございました。またのご利用、心よりお待ち申し上げております」

そのアナウンスが何ともシンプルなのにクールで(カッコよく)、今でも印象に残っています。


さて皆様、長々とお付き合い下さり有難うございました。

通信技術の目覚ましい発展により、「エアメール」もどこか遠い懐かしい言葉となりつつあるようです。そんな現代、手書きや手紙が見直されてるように、何気ない言葉の温もりも常に求められているような気がします。

特にそれが無機質で不安定な狭い空間であれば、一層意外性ある印象深いものに感じられるのかも知れません。とともに、そのようなさりげない言葉は閉じ込められた人々にとって得も言われぬ安堵感だけでなく、自ずと一体感そして連帯感までも募らせるように思います。

また機会がありましたら、再び第二弾でお目にかかれますように。

本日は、当おバカなブログにご搭乗いただき誠にありがとうございました。(笑)



周波数間違いは 普通ですぅ

カンパニーとATCの周波数を間違えるのは普通です
「たわ~~!れでぃーふぉーていくおふ」
「カンパニーで~~っす」
「はい」
これ普通です(笑)
[ 2010/02/01 13:46 ] [ 編集 ]

そうなんですか!?


現役のパイロット、マックさんが言うんだから間違いなし!w
[ 2010/02/01 19:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。