スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

タイガーさんの「2アイアン」 


tiger-woods cover


スポンサーサイト
[ 2013/04 ] ゴルフの話 | CM(0)

上体を開かず 

両腕・クラブを右下に落とし

Tiger-impact.jpg

ビハインド・ザ・ボールで
ヘッドを走らせるには
どうすれば良いのか・・・

[ 2013/02 ] ゴルフの話 | CM(0)

「キム・ヒョージュ」スイング 


kim hyo joo


[ 2012/11 ] ゴルフの話 | CM(0)

ゴルフ「肩甲骨の使い方」 

~横田真一プロのレッスンより~

バックスイングでは右肩の肩甲骨を引き、ダウンスイングでは左肩の肩甲骨を引きます。

kawarawari.jpg

空手の瓦割りを想像すると、スムーズに手が前に出ます。バックスイングでは左手で瓦を割り、ダウンスイングでは右手で瓦を割る感じです。

右肩の肩甲骨を引き、左手を下ろすと、胸は右を向きます。胸の向きを変えずに、そのままクラブを持てばバックスイングの形になります。同様に、左肩の肩甲骨を引き、右手を下ろすと、胸は勝手に左を向きます。 

実際にツアープロは、この肩の上下運動でクラブを動かしています(ソウダッタンダ)。結果的に体が回っているように見えるだけです(タシカニ)。アマチュアの皆さんがプロの動きをうまく再現できないのは、プロのように単に体を回せばいいと考えているからです(ソウソウ、キリキリー!って)。肩を上下に動かせば、ボールをフェースの芯でとらえる確率も高くなります。

[ 2012/10 ] ゴルフの話 | CM(0)

体幹スイング 


taikan.jpg


[ 2012/10 ] ゴルフの話 | CM(0)

「つるやオープン」2012 

芝刈り仲間3人で予選2日目を観て来た。2人とも私より一回り上で、悠々自適の御仁である。生憎の空模様、朝からポツポツ。クラブハウス前のしだれ桜は、今年はまだ散ることなく薄桃色を浮かべていた。

山の原コースIN・10

会場に到着し、早速10番ティーに向かう。ここはバックから340ヤード弱パー4、池までが230ヤードと中途半端。ほとんどの選手がユーティリティーかロングアイアンで手前に置く。

だが石川遼プロは池の左奥にドライバーで果敢に攻めてくる。彼が登場するとオーラが凄く、華もある。突然ギャラリーも増え、空気が一変する。ドライバーを抜き、素振りを始めただけで緊張感に包まれる。

いつも思うのだが、あの若さで周りの空気・雰囲気を呑み込んでしまうだ。

[ 2012/04 ] ゴルフの話 | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。